イビサクリームのグリチルリチン酸2K

イビサクリームのグリチルリチン酸2Kってどんなもの?

イビサクリームの主成分の一つであるグリチルリチン酸2Kは化粧水などにも多く利用されており、グリチルリチン酸ジカリウムと言われます。
このグリチルリチン酸2Kとはお肌に一体どのような効果をもたらしてくれるのでしょうか?

 

グリチルリチン酸2Kってどういうもの?

 

グリチルリチン酸2Kは漢方の原料として知られている天草(カンゾウ)と言われるものの根っこに含まれている成分です。
この根っこに含まれている成分には、抗炎症の作用が見られ肌荒れを抑える効果があります。
口内炎や喉の炎症を抑える薬に使われていたそうです。
この甘草の成分グリチルリチン酸でカリウムと合成させ使いやすく、水に溶けやすい状態にしたものがグリチルリチン酸2Kということなんです。
イビサクリームでは主成分の一つとして扱われていますが、グリチルリチン酸2K自体には美白効果はありません。
その代わりに、肌荒れを防止したり、沈静化する効果がみられますのでターンオーバーのサイクルを正常に保つためお肌の乾燥による刺激や摩擦から肌を正常なものにしてくれます。
イビサクリームを毎日塗っていると、どちらかというと美白成分の効果が現れる前に、このお肌の沈静化の効果の方が先にわかりやすいです。
むしろここから変化を感じるのかもしれません。
それくらい効果としてはわかりやすいのかもしれません。

 

グリチルリチン酸2Kに副作用の可能性なんかは?

 

グリチルリチン酸2Kには、その使用量を間違えると偽アルドステロン症と言われる、高血圧や肌のむくみを引き起こす可能性もあると言われています。
ただしこれは必要以上に使用してしまった場合のことです。
通常化粧品で使われるグリチルリチン酸2Kの配合量は少ないため、
また当然、薬機法と言われる法律を遵守した上で製造されていますから問題はありません。
通常使用の状態ではこの副作用が出たという方が稀なようです。
そのため心配する必要はないレベルと言えます。
むしろ通常で使用する上では、敏感肌の方でも問題ないほどに肌に優しい成分と言えます。
このグリチルリチン酸2Kの炎症効果は化粧品にも多く使用されており、ニキビケアにも大きな力を発揮してくれます。
またイビサクリームを始め、黒ずみケア用のクリームでもその多くが肌荒れ対策のためにこのグリチルリチン酸2Kを配合しています。

 

そのため、グリチルリチン酸2Kは安心して使うことが可能な肌荒れ防止成分であると言えるでしょう。