イビサクリームとハイドロキノン

イビサクリームよりハイドロキノンを使った方が美白効果が高いんじゃない!?

 

美白というとハイドロキノンという成分を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか?
確かに海外では「お肌の漂白剤」と称されるほどに美白効果が高いんですよね。
ということは、デリケートゾーンのような黒ずみがひどい部分にはイビサクリームでケアするよりも,
ハイドロキノンが入っている美白クリームを使った方がいいんじゃない?となるかもしれませんが・・・

 

これ、ハイドロキノンは避けてイビサクリームにしましょう・・・ということになります。

 

なぜハイドロキノンじゃダメなの!?

なぜ、イビサクリームの方がいいのかというと、安全度の問題です。
ハイドロキノンは確かに美白効果が高いため魅力的ですが気になるのはその副作用です。
そのあまりに強力な効果のため「効果が強いから2%以下しか使っちゃダメよ!」と厚生省が言っているくらいです。
つまり、それだけお肌に刺激が強いため、肌荒れや赤み、かぶれといった副作用が起こりうるリスクが高いというわけなんですね。
ましてやデリケートゾーンのような敏感部に使おうとするのであれば、なおさら危険度は高いといえそうです。
お肌を美白したかったのに、お肌が荒れてしまいました・・・これじゃ本末転倒ですよね。

 

イビサクリームなら安全だから安心して使えます

一方のイビサクリームはというと、ハイドロキノンに比べると即効性という意味では劣るかもしれないけど、

危険度という意味では安心して使えます。
イビサクリームに使われているトラネキサム酸はその副作用といった問題も指摘されておらず安全度が高く、かつ美白効果の高い成分といえます。

 

少し時間はかかるかもしれないけど「メラニンを抑えて、お肌をきれいにしていく」といった効果があります。
またグリチルリチン酸2Kでお肌の炎症を抑えてくれるため「正常なターンオーバーにしてお肌をきれいに」といった効果があります。
こういった意味からも、お肌の美白、特にデリケートな部位の黒ずみ解消には安全性が高く、
かつ美白効果が高いイビサクリームを使ってあげた方が確実性は高くなるんじゃないかと言えますよ!!